★Weeklyレポート★今週の相場振り返り♪

 

こんにちは、ともです✨

 

今日は土曜日なので

今週の振り返りをしていきたいと思います✰

 

今週の注目ニュース

 

15日のニューヨーク先物相場は続伸して、

米国産標準油種(WTI)の6月渡しが

前日比1.87ドル高の1バレル=29.43ドルで取引が終了しました。

 

原油価格がマイナスにまで落ち込んでいたこともあり、

3月中旬以来の約2か月振りに高値を付ける形になりましたね✨

 

米石油サービス大手が発表した米国内の

石油掘削装置の稼働減少で供給過剰への

警戒感が後退したのではないかとみられていますね。

 

新型コロナウィルスに伴い、

世界中で渡航規制や営業規制が行われてきましたが、

それが緩和され原油需要が回復するとの

期待も相場を押し上げる形となっていったのです。

 

日本では緊急事態宣言が多くの都道府県で

解除される結果になりましたが、

それでも不要不急な外出はNGとなっているため

大幅な需要増になるにはもう少し時間がかかりそうですね▲

 

今週の振り返り

 

USD/JPY

ドル円

 

ドル円は先週末の雇用統計から

今週の頭にかけて大きく上昇する形になりました。

 

一時は108円にまで到達する勢いでしたが

トレンドは終了して緩やかな下落へと転じましたね。

 

最終的にはレンジを作って落ち着く形になったのですが、

まだどっちの方向に行くか

定まってない形なので週明けから様子見になりそうですね。

 

このまま値動きが小さくなれば、

次に動いた方に大きく動く可能性が高いので

注意して見ていきましょう✨

 

GBP/USD

 

ポンドドルは1週間を通して

大きく下落する形になりました。

 

特に昨日の金曜日はポンド売りの力が

強く短い時間足で見ると

大きな下降トレンドを形成していましたね。

 

大幅に下落した3月中旬ごろほどの

勢いはないので途中で反発をしてくるものだと思われます。

 

先週はイギリスのGDP発表や

政策金利の発表がありましたが投資家たちの

不安はぬぐえず大幅なポンド売りになったものと見られています✨

 

EUR/USD

 

先週のユーロドルはそれほど

大きなトレンドを形成することがなく、

テクニカル向きの相場となりましたね。

 

ラインできっちり反発を繰り返したり、

レンジ内で価格が推移する結果になりました。

 

ユーロ円に比べても大きく

pipisの抜ける通貨であるためレンジ相場で

逆張りをするトレーダーさんは

大きく利益を出せる相場であったといえますね。

 

昨日からローソク足の形が小さくなっています。

 

週明けも値動きが少なければ

ブレイクの前兆になる可能性が高いので注目していきましょう☆

 

それでは良い週末をお過ごしください💕

 

以上、今週の振り返りでした❗

 

コメント