★Weeklyレポート★今週の相場振り返り♪

 

こんにちは、ともです✨

 

これまで実体経済とは裏腹に

好調を続けていた米国株価市場は昨日2%の急下落をしました。

 

経済の衰退が続いている状況だったので、

まあまあ予想通りの結果といえますね。

 

新型コロナウィルスが一部の地域で

感染爆発していることを受け、

抑制策が再度導入されたことが原因とみられています。

 

為替市場も然り、昨日の米ドルは

一時的に売りに転じる形になりました。

 

短い時間足で見ると大きなトレンドを

何度も作る週であったので、

やはり市場の不安定さが伺えます。

 

来週から新しい月になりますが

まだまだ市場の懸念は

払しょくできないのでだましに注意していきたいですね✨

 

今日は土曜日なので

今週の振り返りをしていきます❤

 

今週の振り返り

 

USD/JPY

 

ドル円は特に大きく荒れ傾向にありましたね。

 

23日には一時的に106円を

割るのではないかという勢いで急落しました。

 

6月23日にアメリカのナバロ米大統領補佐官が

米中貿易合意の第一段階として

「打ち切り」といった方針を示しました。

 

その後強い口調で中国批判を行ったため、

米中通商合意は破綻したと

考えた投資家が多くいたものだと考えられています。

 

リスク回避のドル売りが進行した状況ですね。

 

今では値を戻していますが

しばらくはレンジで推移しそうな形です✰

 

EUR/USD

 

ユーロは1週間を通して

上昇傾向にありましたね✨

 

米ドルが大きく売られ

リスクオフのユーロ買いが入ったこともありますが

それ以外にも要因があります。

 

23日にフランスで

PMI(総合購買担当者景気指数)の発表がありました。

 

PMIは企業の購買担当者らの

景況感を表した景気集計になります。

 

指数が50を上回ると改善、下回ると悪化と判断されるものです。

 

フランスの6月PMIは51.3となり予想の

46.3を大きく上回る形になりました。

 

これにより景気の好転への期待が高まり

大きくユーロ買いの動きになったのです。

 

プライマリーでは大きなボックスレンジを

作っているだけなので、

週明けで動くまで様子見ですね✰

 

GBP/USD

 

英ポンドは比較的落ち着いた相場になりましたね。

 

先週大きく売られましたが

先週のサポートラインがレジスタンスラインに変わり

レンジを作っている状態です。

 

レンジを抜けた方向に

大きくブレイクする可能性が高いですがどちらかというと

下目線が強いと考えられます。

 

安値を割ってブレイクしてきたところで

ショートを狙ってもいいですね❤

 

最近の相場はあまりオシレーターよりも

ファンダメンタルを重視した方が

取りやすいかなと感じています。

 

来週は狙いやすい相場になってほしいですね✰

 

それでは良い週末を

お過ごしください❣

 

以上、今週の振り返りでした❤

コメント