月曜日からこんなに動くとは!G20明けの窓は?

こんにちは!ともです(^_-)-☆

さて、今週も始まりました!よろしくお願いいたします。

G20明けの月曜日ですが、窓…結構開きましたね!

SNS界の予想通り、ドル円が25pipsほど上窓。

ポンド・ユーロは少しの下窓ですが、

ポン円はドル円につられて大きく上窓となりました。

 

そして、重要な部分に差し掛かっていたキウイ、

オージーはそのラインを超えて上窓を作りました。

 

月曜日時点の窓が開いている通貨は、ドル円、ドルスイス、ユーロドルです。

 

ドル円(1時間足)

 

 

 

 

 

ドル円にしては珍しい大きな窓ですね!

昨日はここを埋めることなく、終わりました。

 

ただ、4時間足では200EMAにタッチ、

しかも4時間足レベルの長い上ヒゲ連続2本出現ということもあり、

ショート目線濃厚な感じがプンプンしますね(^_-)-☆

 

1時間足でみて、ここが天井だとすると、

オレンジの水平ラインを下抜けしたら、ショートで、ひとまず窓埋めまで、

もしくは200EMAあたりで利確したいと思っています。

 

そのあとのトレンドラインへの戻りを待って、

ショートを細かく狙っていく予定でいます。

 

天井感はありますが、万が一の上抜けに備えて、

しっかりオレンジの水平ラインを割ってからのショートにしたいと思っています。

 

ドル円(15分足)

 

 

 

昨日は月曜日でしたので、いつもの東京時間の調整がはいったのを

ロンドン時間で全戻しを頭の片隅にいれ、

ドル円の天井も4時間足の200EMAにタッチしたということも根拠として、

天井でショートをいれました。

 

損切りは高値更新、利確はチェックをいれた部分になります。

 

ロンドン時間に向けて綺麗に上昇していったので、

これはロンドン時間から戻るなと思いショートでした。

 

また、もう1つショートをいれた根拠として、

前回の高値の押し安値のラインを東京時間に少し下に割っています。

 

このことも考慮すると、安値更新となるかまではわかりませんが、

一旦は下げることが予想できます!(*’ω’*)

ピタリで久しぶりに嬉しくなってしまいました(笑)

 

オージードル(4時間足)

 

 

 

窓で一旦上にいってしまいましたので、朝1から全力で売りが叩いてきましたね!

昨日の1日下げっぱなしでした。トレンドラインへの再タッチ、

200EMA,ネックライン(ピンクの水平ライン)が抵抗として働き、反発してきましたね。

 

私も戻りを待ってショートをいれようと待っていたのですが、

自分の戻りポイントまで戻ってこなかったので、そのままスルーでした。

 

オージードル(1時間足)

 

 

 

下に一気に抜けて、

私はピンクの水平ラインまで戻ってくるのを待っていたのですが、

20EMAに抑えられ、そのまま下げていきました。

 

残念ではありますが、またチャンスは来ますから、切り替えていきます。

 

この下降が一旦抑えられるポイントとしては、

青い水平ラインあたりと考えています。

 

この青い水平ラインは4時間足でのレジサポライン、

1時間足では200EMA付近となり、

抵抗になるには十分な根拠のあるラインかと思います。

 

ここから上に戻りが入るのであれば、短期ロングを狙っていきたいと思います。

 

オージードル(15分足)

 

 

 

トレンドラインはこんな感じに引くことができます。

このトレンドラインを上に抜けてくるのであれば、

トレンドラインへの戻りをみて短期ロングを狙っていこうと思っています。

 

短期ロングとは、ピンクの水平ラインまでを上限とするという意味です。

ただ、今週はオージー指標が結構多いため、

指標を避けてのトレードをしていきたいと思っています。

 

ポン円(1時間足)

 

 

 

ポン円はロンドン時間に一気に下降して、窓埋め完了しましたね!

私の昨日のエントリーポイントはここです。

 

高値の押し安値のラインを抜けてきたので、

戻りがはいって、三尊の右肩の部分でショートをいれました!

 

リスクリワード比的には1くらいにしかならなかったポイントですが、無事利確できました。

 

ポン円(15分足)

 

 

 

右肩で小さなダブルトップになっています。

そこから落ちてきて、矢印の位置で利確しています。

 

しかもこのポイントはトレンドラインの3点目のほかに、

1時間足では200EMAタッチの部分になります。

 

ちょうど矢印の部分が昨日の重要指標、

ISMの発表があったため、指標ギャンブルにならないためにも利確しました。

あまり動きはしませんでしたが、ドル円が少し上昇したのにつられて、

ポン円も少し上昇しました。結果オーライですね。

 

ポンドル(1時間足)

 

 

 

ポンドルは昨日黒い下支えのトレンドラインを割ってきましたね!

そこから、20EMAに戻りが入って1度は反発しています。

上ヒゲが2本出ているので、反発力が強いのも確認できます。

 

ポンドル(15分足)

 

 

 

1時間足の20EMAにタッチした部分を下位足で見てみると、

小さなダブルトップになっています。

そこからネックライン割れて現在の位置で戻ってきています。

ここあたりでショートを狙ってみたいポイントですね!

 

もともとポンドルは1時間足のチャートで表示してある黄色の水平ラインまでは

最低でも下げてくるだろうと予想していますので、

戻りが入ったタイミングで黄色ラインに到達するまではショートを入れていきたいです。

 

ちょうど2つ、3つ前のローソク足が

20EMAに反発してこちらも上ヒゲ2本でています。

 

損切りは直前のダブルトップの高値更新。

利確は黄色の水平ラインまで。

 

ただ、15分足の安値で揉むようであれば前回の安値で

利確も安全策として持っておきながら狙ってみたいと思っています。

 

リスクリワード比は3~4くらいは確保できるので、

損切りとなっても問題ないロット数で入ることをお勧めします。

 

ユロル(4時間足)

 

 

 

20EMAに反発して昨日1日下降。

そして、200EMAと日足では20EMAにぶつかる手前に来ています。

ここあたりで一回反発してきてもいいと思っています。

 

ユロル(1時間足)

 

 

 

ここに引いていたトレンドラインを抜けて、

昨日再タッチにきて戻り売りが入っています。

 

私はユロルは入れませんでしたが、上ヒゲも出ていますし、

200EMAを抜け、サポート機能がレジスタンス機能になってきてもいます。

 

右肩下がりのトレンドラインを引くことができるので、

ここを抜けてくるようであれば、短期ロングを狙っていこうと思います。

 

ドルスイス(4時間足)

 

 

 

こちらは上窓をつけて、昨日1日上昇しています。

土曜反省会で触れた通り、A波を更新したので赤い水平ラインで押して上昇しています。

 

120EMA付近には日足の20EMAがあり、その上には4時間足の200EMAもあるので、

ここあたりで一旦下げてくると理想的ですね。

高値の押し安値のラインを割ってきたらショートを狙っていきます。

 

ドルスイス(1時間足)

 

 

 

赤い水平ラインがレジサポラインであることと、

1時間足の200EMAがサポート機能を果たしていますね。

 

A波=C波の値幅は達成している感じもありますので、

今日からはショートを狙っていこうと思っています。

まだ伸びる際でも、まずは押し安値のラインまでくるのをひたすら待ってみようと思います。

 

トレンドラインを下抜けした際には、

再タッチからでもショートを狙えるかと思いますので、

慌ててエントリーせず、しっかり戻りを待つことをおすすめします。

 

 

 

今日の注目指標は昼過ぎにオージー指標があります。

◎が付いているので急変もあるかもしれません。

 

しかも今日は夕方にもロウさんの発言があるので、

オージー、相関関係のあるキウイは今日はノートレードでいきたいです。

 

夜には米指標もありますが、Aランクなのであまり神経質にならなくてもよさそうです。

 

コメント