雇用統計の押し戻りのパラダイス!

 

こんにちは!ともです( *´艸`)

月曜日の窓は全然開かずほとんど気にしないで

トレードできたのが何よりうれしいです(笑)

私はあまり窓好きではないので(;´・ω・)

なんとなく見にくいというか、チャートの形がおかしくなるのが嫌で。

 

そして、先週の金曜日に雇用統計で

一気に動いた分の押し戻りをつけにきたという感じの日でした!

特に重要な指標もなかった割にはボラもあってやりやすかったですね。

 

何よりわかりやすく、エントリーできたのがよかったです(*’ω’*)

ちょっとミスしたところもありますが、

それを踏まえてチャートを振りかえって行こうと思います!

 

ドル円(1時間足)

 

ドル円は下窓からはじまり、すぐに埋めてきました。

ネックラインを割ってきているので、戻りを見てショート。

 

ドル円(15分足)

 

矢印の20EMAあたりでショートをいれました。

思ったより上がったんですが、□の値幅で利確しました。

一気に落ちずにここまで戻りが入ったので、

等倍ではなく、トップ=右肩として三尊カウントにしました。

 

トップと右肩を結んだトレンドラインを抜けることで、上昇します。

このトレンドラインを抜けて1本陰線で押してから上昇していきました。

 

日曜反省会で触れた4時間足のネックラインまできたので、

ここを抜けてくるまではひたすら叩いていこうと思っています。

 

ドルスイス(1時間足)

 

20EMAに反発して昨日は1日上昇してきました。

高値も少し更新したのですが、

ここあたりには日足の200EMAがありますから、

1回反発して下降してくると思います。

 

ドルスイス(15分足)

 

昨日の私の失敗はオレンジのネックラインをわったので、

戻りからショートで等倍まで狙っていたのですが、

よくみるとドル円と同様に抜けた値幅が少しだけですし、

三尊型でカウントするべきでしたね。

 

ドルスイスは結構一方通行に動くことも多いので

一気に下げてくるかもと入りましたが、

前回の安値でぴたりと止まり、高値更新してきました。

高値は更新しましたが、すぐに日足の200EMAがありますから、

再度ショートでエントリーしたところが天井で20EMAで利確、

そして、ネックラインにもタッチしているので、

先ほど右肩から20EMAまでショートで取ることができました。

 

ドルスイス単体だけあれば少しマイナスです(´;ω;`)

これをカバーしたのが、昨日のキウイドルとオージードルです。

 

オージードル(1時間足)

 

日曜反省会で触れた通り、安値の戻り高値のラインが

オレンジの水平ラインですが、結構遠いんですよね。

つまりもう1度押してくる可能性が高く、

底の部分を切り上げかダブルボトムにしてくると思います。

 

オージードル(15分足)

 

ロンドン時間までジリジリと上昇していたので、

200EMA付近まで上昇し、NY時間で下降かと予想し、

黒いネックラインを抜けてきた戻りからショートではいりました。

利確は親波のレジサポラインです。

 

同様に相関関係のあるキウイもショートで入っていたので、

ドルスイスおnマイナス分もカバーすることができました(*’ω’*)

これこそリスクリワード比の大切さですね。

損切りをしても、そのあと利確出来ればマイナスカバーでき、

むしろプラスまで持っていけるということです。

 

キウイドル(1時間足)

 

昨日のオージードルとの相関関係はばっちりでしたね!

オージーは前回の安値が200EMAに支えられている状態ですが、

キウイドルは上にある200EMAに反発して下げたという形が違っていますね。

 

オージーもキウイも基本的にはここから安値更新しなければ上目線でいます。

 

キウイドル(15分足)

 

15分足はオージーと激似ですね(笑)200EMAまでジリジリと上げて、

そのあとネックラインを抜けて戻りからショートで下降しています。

 

利確はオージーのタイミングに合わせたので、同じ時に利確しています。

オージーが下がり渋れば、キウイもおのずと下がり渋ってきますので、

どちらかの節目に達成したら一気に利確してしまうのが安全かと思います!

 

しかも昨日のように相関関係がよく効いていて

形が激似の場合は特に同じタイミングで利確することをおすすめします(^^)/

オージーとキウイはいつもはどちらか片方のみのエントリーですが、

得意パターンだったので、どちらもエントリーしてしまいました。

 

リスクも比較的小さいですし、

チャレンジしてもいいポイントかと思いました!

 

ポンドル(1時間足)

 

こちらも安値の戻り高値のラインが結構遠いので、

20EMAに抑えられて右肩を付けにきています。

 

ポンドル(15分足)

 

昨日ポンドルも1回ミスをしました。

下の黒線で押し安値のラインを割ってきているので、

戻りである右肩でショートをしました。

ですが、そのまま高値更新したので損切り。

 

まあ、損切りするのはいいことですが、

その上に200EMAが控えていたのと、

底値の戻り高値のライン(オレンジの水平ライン)が

まだ上に控えていたこともあったので、

ここは200EMAで抑えられて下降するパターンでした。

損切りせずに200EMAまでは持っていてもよかったかもしれません。

 

損切りはしましたが、そのあと、200EMAに抑えられた

ダブルボトム右肩からショートで入り、前回の安値の利確しました。

損切り分+微益にて終わることができたので、よかったです。

 

ポンドはもう長期目線でも底が近いので、基本はロング目線です。

昨日底値まで再度下降して押しを作ったので、

今日からはロングを狙っていきたいと思っています!(*’ω’*)

 

こういった底から戻りがはいって、

再度底に向けて下降していく動きって結構頻繁に起きるパターンですが、

利確のポイントは、底と同値ではありません。

 

もちろん底と同値までくることもありますし、

安値更新していくこともありますが、

大事なのは底値の次の切り上げラインです。

ここまで基本的には落ちてきますし、

ここで抑えられて反発することがかなり多いです。

 

それでもわかりにくい方は、フィボナッチを使っていれば

この200EMAへの戻りに対してフィボナッチを引き、

70%の位置を利確の目安とすると

結構いい感じに利確できることが多いですよ!( ^^) _旦~~

 

 

今日の重要指標は夜のパウエルさんの発言が特に注意ですね!

指標ランクも最高のSSですから、急変するかもしれません。

しかも立て続けにAAランクの米指標もありますから、

ドル円、ユーロ関連には要注意です。

 

ユロル(1時間足)

 

こちらも関連通貨であるポンド同様に底値まで下降してきています。

ここで落ち着けばダブルボトムで綺麗ですが、

安値更新するのか、ネックラインを抜けてくるのかが注目ですね!

 

ユロル(15分足)

 

綺麗に抜けたトレンドラインに沿って下降してきていますね!

日曜反省会でも触れた通り、安値を更新するまでは、

ポンドもユーロもロング狙いです。

というわけで、ダブルボトム、

もしくは逆三尊の形になった右肩を狙っていきます。

 

ここで安値の戻り高値のラインまで

上がってくるのをひたすら待ちます。

チャンスが来たら、ネックラインの手前で利確です。

というのも、ネックラインをきちんと抜けて

ダブルボトムになるのかを確認する必要があります。

 

ネックラインを上に割ってこないと、

そのまま安値更新する可能性もまだのこっています。

ネックラインを上に抜けたら必ず押しが入ってきますので、

それまでしっかり待つことが何より大切です。

 

ここであればネックラインを抜けずに

安値更新損切りにしてもリスクが小さいので

あまりダメージはありませんが、常にエントリーする際には

リスクリワード比を確認して最低でも

1ないところはスルーした方が身のためですね。

 

 

🌟ともちゃんを応援してください🌟
クリックしていただくと
とってもとってもやる気が出るので
⬇ポチっと押してください😢💕⬇
⬇もしよかったらこちらもお願いします😢

 

コメント