今週のイベント紹介&見通しについて

 

どうも、ともです(^^)

 

今日は日曜日ですので、

今週のイベント紹介や

見通し等について書いていきますね💕

 

では、早速見ていきましょう!

 

今週のイベント

 

20日(月曜日)

月曜日は10:30に中国の

貸出基礎金利が発表されます。

 

実質的な中国の政策金利ですね。

 

これがあまり材料視されるイメージは

ないのですが、利下げがあるかもしれませんので、

一応警戒はしておきたいところです。

 

21日(火曜日)

火曜日はまず日銀金融政策決定会合があります。

多分現状維持ですけどね、、、

 

15:30からは黒田総裁の会見もありますので、

そちらも一応チェックはしておきたいところです。

 

そして18:30にはイギリス雇用統計、

19:00にはドイツのzew景況感調査が発表されます。

 

特にイギリス雇用統計には注目しておきたいです。

 

22日(水曜日)

水曜日は主要通貨絡みの

重要イベントはありません。

 

24:00にBOC(カナダ)の

政策金利発表がありますので、

カナダを触られている方はご注意下さい。

 

23日(木曜日)

木曜日は21:45分にECBの

政策金利発表があります。

 

22:30からはラガルドさんの会見もあります。

 

ラガルド体制になってから

2回目のECB理事会ですが、

何か大きなアナウンスがあるかに注目ですね。

 

24日(金曜日)

金曜日も結構色々とあります。

 

まずは17:15と17:30の

独仏PMIの発表です。

 

フランスが先ですね。

フランスの方はドイツの先行指標なので

15分から見ておきたいです。

 

その後は18:30にイギリスPMI、

23:45にアメリカのPMIが発表されます。

 

今週の見通し

 

今週はイベントがかなり多く、

とても熱い一週間になる事が予想されます。

 

注目はドル円とユーロドルですが、

ドル円の方は最近たくさん書いてきたので、

ユーロの方を少し書きます。

 

具体的には、ECB理事会から

どういう動きになってくるかについてですね。

 

緩和政策に関するサプライズ発表が

あるかどうかに注目です。

 

ユーロドルのボラティリティが

復活してくれば良いんですけどね、、、

 

最近はドル円とポンドばかりがメインになっており、

ユーロの影が薄くなりすぎている印象があります。

 

下値は固く上値が重い展開が続きすぎています。

 

とはいえ、動くときは激しく動くのが

ユーロドルの特長ですので、

そういった値動きにも期待していきたいですね💕

 

では、また明日から一週間頑張っていきましょう。

 

以上、今週のイベントと見通しでした!

 

コメント