低額オンラインサロン初月お試し価格500円!!詳しくはタップ

FXの売り買いって??証拠金維持率に注意しよう♪

スポンサーリンク

FXの売り買いについて

こんにちは、とも(*^^)v

今回は、FXの売りと買いについての基本的なお話と、

証拠金維持率についてご説明させていただきます♪

 

まず、FXトレードでは、買いと売りの2種類の取引を選ぶことができます!

 

例えばドル円を買った場合は、“ドルを買って円を売っている状態”と考えてください。

逆に、ドル円を売った場合は、“ドルを売って円を買っている状態”です。

 

またFX用語で、買いのことを「ロング」、

売りのことを「ショート」といいます。

SNSで「ドル円をショートしました!」って書いてあったら、

「あぁ、この人はドル円を売ったんだなぁ」って思ってください(笑)

 

 

FXは売りでも買いでも利益が出せる!

 

FXは価格が上がっても下がっても、その両方で利益を出すことができます♪

FXは、

①安いときに買って、高くなったら売る(ロング)

②高いときに売って、安くなったら買い戻す(ショート)

 

この二種類どちらかの取引によって、利益が出るようになっています。

 

とりあえずドル円の例でご説明すると、ドル高・円安相場ならドル円を買ったら儲かる、

ドル安・円高相場ならドル円を売ったら儲かると思ってくださいね♪

 

もっとも~っと簡単に言っちゃうと、上がると思ったらとりあえずロング!

下がると思ったらとりあえずショート!って感じで、何も難しいことはありません(笑)

 

証拠金維持率について

FX取引をするなら、証拠金を用意しなくちゃいけません。

証拠金というのは、FX取引をするうえで証券会社に預ける担保みたいなものです。

 

FXは基本的に、数百万単位の取引になります。

ただし、実際に数百万という大金を用意する必要はなくて、

実際は証拠金を用意することによって、投資資金にレバレッジをかけて数百万単位の取引を行います☆

 

例えば、XMで現在4/12のドル円を1ロット(1000通貨)取引するのに

必要な証拠金は、約126円です!

取引中にこの証拠金を大きく減らしてしまうと、強制ロスカットになってしまう場合があります(;´Д`)

強制ロスカットにならないためにも、重要となってくるのが証拠金維持率です!

 

XMの強制ロスカット水準

証拠金維持率が一定を下回ると、強制ロスカットになっちゃいます汗

強制ロスカット水準は、FX会社によって異なりますが、XMでは約20%がボーダーラインです。

 

先ほどのドル円の例でいうと、1ロット辺りの必要証拠金は約126円だったので、

その20%ということは・・・、26円くらいが基準になるということですね!

もし、ドル円のポジションを1ロット持っている場合、

口座残高が26円以下になると強制決済されるということです。

 

強制ロスカットされないためにも、証拠金維持率には是非気を付けてトレードしてくださいね汗

注目情報♪
スポンサーリンク
Twitter、LINEのフォローもお願いします☆ミ
FX Diary@稼げるトレード日記