★GBP/AUD★ソーサーの後は反発をしなくなる傾向にあるので順張り目線!

 

こんにちは、ともです✨

 

昨日の15時にイギリスの政策金利が発表されましたね。

 

大方の予想通り金融緩和は

据え置きという形になりました。

 

ベイリー英中銀総裁は6月の

追加緩和拡大について示唆しましたが

今回は現状維持という形になったのです。

 

それがきっかけで大きな買いが

ポンドに入り一時的に大きな上昇をしましたね。

 

しかしニューヨーク時間の21時になると

大量の戻り売りが入ったことにより、

最終的に下落傾向にありました。

 

このように直近の相場では

大きなトレンドというよりは、

一時的に急騰急落をすることが多くなっています。

 

投資家たちの不安や懸念が

多く現れているため決済も早くなっていることが伺えますね。

 

直近相場の傾向を分析することが重要になってきます☆

 

それでは今日の注目ニュースと

おすすめ通貨ペアを紹介していきます❤

 

 

本日の注目ニュース

 

今日は21時30分に米国雇用統計の発表がありますね。

 

新型コロナウィルスによる経済悪化の影響により、

アメリカの雇用は急激に悪化しています。

 

市場エコノミストによる予想では

失業率は16パーセントにまで達するとの予想が出ています。

 

また先行指標の中では

一番相関性が高いとされている民間部門の

ADP雇用統計というものがあります。

 

そのADP雇用統計の4月分は

2023.6万人減と減少幅が過去最大を記録しているのです。

 

記録的な経済の悪化が

これまで騒がれてきましたが、

今回の雇用統計では先行き見えない不安と

雇用減少への懸念により急激な高騰下落を見せると考えられていますね。

 

全ての指数でマイナス予想と

なっているので特に注目していく必要があります✨

 

本日のおすすめ通貨ペア

 

本日はGBP/AUDショートを狙っていきたいと思います❤

ポンド

 

具体的には1.8951あたりで仕掛けていきたいと考えています。

 

利益確定は+80pips

損切は−50pipsあたりで見ていきます。

 

4月の終わりから

大きく上昇しましたが緩やかに戻ってきていますね。

 

お皿のような形でソーサーを

作っていることが分かります。

 

買いの力が徐々に弱くなっているので

このような形になります。

 

ソーサーの後は反発をしなくなる傾向にあるので

順張り目線での取引が重要となってきます。

 

またポンドへの懸念の多さと

豪ドルの期待感は投資家の意識の中にあると思われます。

 

週末の金曜日なので

大きく値幅を付けてくるチャンスになってきますね。

 

このまま強い下落トレンドに向かうと仮定しています✨

 

雇用統計やラガルド総裁の

発言など重要指標が多い日なので損切は安全に行いましょう🎀

 

それでは今日も頑張って良い週末を迎えましょう✨

 

以上、本日の注目ニュースとおすすめ通貨ペアでした❗

 

コメント