★明日からの注目ニュース&相場の影響とは?

 

こんにちは、ともです✨

 

今日は日曜日なので

注目ニュースについて解説していきますね❤

 

今週の注目ニュース

6月30日(火)15:00イギリスGDP(国内総生産)発表

 

火曜日の15時にはイギリスの

GDPが発表されます。

 

前回は0%の予想通りに終わったため、

あまり相場にも大きな動きはありませんでした。

 

今回は−2%の大きな下落が予想されています。

 

新型コロナウィルスによる経済への

影響が出始めたころが今回の4Qの発表であるため、

大きな下落が予想されているのです。

 

しかしイギリスは5月から経済の再開活動を始めているので、

それほど大きな下落にはならないといった見方も出ています。

 

−2%より下落幅が小さかったり、

予想に反して上昇する可能性もあるので、

発表後のポンドの動きを見てから分析していきたいですね✨

 

6月30日(火)18:00EU消費者物価指数発表

 

同日の18時にはEUの

消費者物価指数発表があります。

 

消費者の購入するものやサービスなど、

物価の動きを把握する統計指標です。

 

これには日用品やエネルギー部門など

細かな物価の指数の統計になりますが、

日用品部門などは消費が増え安定した上昇率になると考えられます。

 

しかしエネルギー部門が

大きな下落で全体指数も下落傾向にあるとの懸念があります▲

 

市場予想は−0.1%ですが不透明であるため、

こちらも発表後の動きを注目していきたいですね。

 

7月2日(木)21:30米国雇用統計発表

 

今週は月初めなので雇用統計の発表がありますが、

金曜日がアメリカ休場なので今回は木曜日です。

 

前回は予想値を大きく上回り思いのほか

失業率や雇用が改善されていたので、

米ドルが大きく買われる結果になりましたね。

 

市場参加者も以外の結果だったと感じたそうです。

 

今回はアメリカのコロナ感染者が増えていることや、

デモ活動による影響が大きく出ていれば

下落に向かいそうですね。

 

ドル・円が金曜日に向けて値動きを決めてきそうなので、

週初めからの動きにも警戒していきましょう❣

 

それでは明日からまた頑張っていきましょう✨

以上、今週のおすすめ通貨と注目ニュースでした❤

コメント