★今週のおすすめ通貨ペアと注目ニュース♪

 

こんにちは、ともです✨

 

今日は日曜日なので

今週のおすすめ通貨ペアと

注目ニュースについて解説します❤

 

今週のおすすめ通貨ペア☆

 

今週はUSD/CAD

ショートを見ていきたいと思います❤

 

4時間足のチャートです。

 

米ドルの売りが強かったこともあり

下落目線になっていますね。

 

赤く引いたラインは

先月10日の安値ラインになっていますが、

今年の2月の高値ラインでもあるので

強く意識されているラインになります。

 

このラインをブレイクしたところで

順張りのショートを狙っていきたいと思います。

 

大きな値幅が期待できる通貨ペアになるので

ロット数を下げてpips幅を

大きく狙っていくのもありかなと思います。

 

 

今週の注目ニュース☆

7月29日(水)10時30分:オーストラリア消費者物価指数発表

 

水曜日にはオーストラリアの

四半期消費者物価指数の発表があります。

 

消費者が購入するモノや

サービスなどの物価の動きを把握するための統計指標です。

 

国民の生活水準を示す指標にもなるので

為替にも影響を与えやすくなります。

 

1年に4回の発表となりますが、

今回の発表では新型コロナウィルスの影響で

大きな下落幅が予想されています。

 

オーストラリアはコロナの感染を

抑えている国でありますが、

経済のストップや貿易の低下が

大きな影響を与えていると考えられますね。

 

懸念が多いので注意が必要です▲

 

7月29日(水)27時00分:アメリカFOMC政策金利発表

日付をまたいだ日本時間木曜日の午前3時には、

アメリカの政策金利発表があります。

 

その後27時30分にはパウエル議長の

会見があるので日をまたいで

ポジション持つ方は注意していきましょう▲

 

金利は低水準の0.25%キープで

予想されています。

 

アメリカは新型コロナウィルスの

感染拡大が全く収まらない状態ですが、

経済の再開をしていることで回復傾向にあるとの見方があります。

 

大型の金融政策の可能性が

あまり期待できないので、

米ドルにとって懸念材料となりそうですね。

 

7月30日(木)21時30分:米四半期国内総生産

 

木曜日にはアメリカのGDP発表があります。

 

前回は−5%の下落でしたが、

今回は−35%と大きな下落が予想されています。

 

予想値が大幅に低いときは懸念というよりも、

発表時に好材料に変わることが多くなります。

 

思いのほか下落幅が小さいときは

米ドル買いの動きが強まる傾向にあるのです。

 

今回も十分に可能性はあるので

ファンダの動向を見ていきたいですね✨

 

それでは明日よりまた頑張っていきましょう❣

 

以上、今週のおすすめ通貨ペアと注目ニュースでした❤

 

コメント