★今週の注目ニュースとおすすめ通貨ペア♪

 

こんにちは、ともです✨

 

今日は日曜日なので

今週の注目ニュースと

おすすめ通貨ペアを解説していきます❤

 

今週の注目ニュース✰

 

10月13日(火)21時30分:アメリカコアCPI消費者物価指数発表

 

火曜日の21時30分には

アメリカの消費者物価指数の発表があります。

 

アメリカの景況感を示す指標で

注目度の高いものなので警戒していきましょう❗

 

今回は前回の0.4%から

少し下落の0.2%とみられています。

 

コロナウィルスが世界経済に

影響を与えた4月は−0.8%にまで

下落したのを考えると今回は

それほど大きな下落ではないとみられますね。

 

とはいっても先週のドルが

あまり売り買いされていないのを考えると

相場が力を貯めている状態であるので

数値結果以上の動きとなるかもしれないです▲

 

10月16日(金)18時00分:ユーロ消費者物価指数

 

金曜日にはユーロ圏での

消費者物価指数発表となります。

 

予想値は発表されていませんが、

今現在に至るまでアメリカのように

改善値になっていないので懸念が多いと考えていいでしょう。

 

前回の発表時は−0.3%と

かなり低水準となっていることから、

ユーロ圏の景況感は悪い状態であることが

はっきり言えますね。

 

大きな変動幅はないかもしれませんが

指標きっかけのトレンド形成も

充分考えられる時間帯といえますね✨

 

10月15日時間未定:イギリス通商協定の合意なき離脱問題

 

2020年1月にイギリスがユーロを離脱してから、

今までまとまってこなかった通商協定の問題が

大きく相場に影響を与えそうですね。

 

15日はEU首脳会議がありますが、

ジョンソン首相がこの日を協議の期限と

発表したことによって先週の水曜日に

ポンド売りが強くなりました。

 

EU側もイギリス側も通商交渉の

重要性は高く認識しているものの歩みよりがなく、

合意に至っていない状況です。

 

最悪のケースは協議がまとまらず

イギリスの合意なき離脱となることですが、

現実味を出してきた状況ですね。

 

15日のユーロ、ポンド通貨には

強い懸念をもって望みましょう✰

 

 

今週のおすすめ通貨ペア✰

 

今週はGBP/USD

ショートを狙っていきたいと思います。

 

現在の1時間足です。

 

赤く引いたラインが

強く意識されるラインですね。

 

このラインを超えてその後

下落に転じた時にロールリバーサルからの

下落として順張りします。

 

1.3058~1.3092のあたりまで

上昇して下落してきたところという認識ですね。

 

上抜けしてくれば上昇が強くなる可能性が高いです。

 

少しポンドは懸念多いですが、

状況次第では売りの力が強くなると

考えられるので便乗して波に乗りたいですね✨

 

それでは明日からまた頑張っていきましょう❗

 

以上、今週の注目ニュースと

おすすめ通貨ペアでした❤

コメント