★Weeklyレポート★今週の振り返りをしました~♪

 

こんにちは、ともです✨

 

昨日、欧州連合(EU)では

各国の首脳によるテレビ形式の会議が開催されました。

 

欧州委員会が提案した7,500憶ユーロの

新型コロナウィルス復興基金案を巡って

協議したものになります。

 

しかし、各国の主張に隔たりが

大きく物別れに終わったとの報道が出ていますね▲

 

スペインのサンチェス首相は

「時間を無駄にすればするほど景気後退は深まる」と迅速な対応を求めました。

 

それに対しオーストリアのクルツ首相は

「復興基金に明確な期限を設ける必要がある」慎重な姿勢を見せます。

 

EUという集合体での難しいポイントですね。

 

景気や経済格差が国によって大きいEUでは

イタリアやドイツなどの先進国が引っ張っていくしかありません。

 

自国の成長を抑え込んでしまう可能性がありつつも、

他国を助けていかなければならないという難しい局面です。

 

このままずるずると議論が長引けば

大きなユーロの懸念材料となってきますね❎

 

今日は土曜日なので今週の振り返りをしていきます❤

 

今週の振り返り

 

USD/JPY

 

6月に入り大荒れの相場となっていましたが、

今週は一転してレンジを形成しましたね。

 

大統領選挙や加速するデモなどのによる

アメリカ情勢の期待と不安から

大きくトレンドを作っていましたが、

今週は落ち着きを見せました。

 

レンジとはいえどソーサーのような形になっているので

下落の方向に向かっている気がしますが、

方向性ははっきり定まっていないようですね☆

 

EUR/USD

 

EUR/USDを見ても高値圏で

レンジを形成する形になりましたね。

 

今月に入り大きく上昇を決めていましたが、

現在は高値を切り下げて徐々に下落傾向にあるといえます。

 

ドルの動きに左右されたわけではなさそうなので、

ユーロの勢いが弱まっていることと考えられます。

 

三角持ち合いの下降型ともとれるので、

大きく下落方向にブレイクしたら

ショートを入れるチャンスになりますね。

 

週明けの急下落もあり得るので注意して見ていきましょう✨

 

CHF/JPY

 

スイスフランは高値を決めてからの

下落傾向にあると見られます。

 

木曜日のスイス中銀政策金利でジョルダン総裁は

「フランは実体経済に対して高すぎる」との見解を示しました。

 

これはフランを保有している投資家にとって

かなり懸念となります。

 

為替介入により大きな下落を招く可能性があるということですね。

 

先週は1週間通してボックスレンジ気味の

下落目線ではありますが大きく下値を

割ってくる可能性が高いと考えられます☆

 

ほとんどの通貨で大きなトレンドを

形成することはありませんでした。

 

投資家が様子見の状態ともいえますが

これから月末にかけて大きく動いてきそうですね✨

 

それでは良い週末をお過ごしください❣

以上今週の振り返りでした❤

コメント