★Weeklyレポート★今週の通貨の動きを振り返り♪

 

こんにちは、ともです✨

 

今週は配信で振るわない1週間になりましたね。

 

トレンドの前兆のないところから

形成したり、大きなボックスレンジを

作ることが多くありました。

 

FX相場でない部分もありましたが

しっかり取り返していきます✰

 

今日は土曜日なので

今週の振り返りをしていきたいと思います❤

 

通貨の振り返り☆

USD/JPY

 

週の初めにレンジを形成していた

ドル円ですが一転して急激な下落につながりましたね。

 

新型コロナウィルスの感染拡大が

なかなか終息しない状況で、

新規感染者の数が記録を更新するなどで

アメリカ情勢への懸念が強まったとみられています。

 

最終的に105円台まで突入する形となりました。

 

リスクオフの円買いも強いことから

大幅な下落となりましたね。

 

昨日の終値で反発しましたが、

週明けの相場は方向性が定まっていない状況にあります。

 

窓を付けてからの動き次第になりますね✨

 

EURUSD

 

ユーロは1週間を通して

上昇傾向にありましたね。

 

ずっと上目線が続いた形になります。

 

ドルに引っ張られることもありましたが、

ユーロ単体で見てもかなり買いの力が強いですね。

 

EUでは協議が続けられていた、

新型コロナの経済対策基金の話が先週まとまりました。

 

妥協案なども一時出ていましたが、

最終的に7500億ユーロの大規模な政策で

決定したことがユーロにも好材料となりましたね。

 

週明けの上目線は続きそうな勢いになります✰

 

GBP/JPY

 

ポンドは1週間を通して不安定な相場になりましたね。

 

これはFXのトレーダーも

狙いにくい通貨になったと思います。

 

一時は上昇が強かったですが、

このように角度が急であると反発も早い傾向にあります。

 

反発を狙ってもいいのですが、

急な角度の際は反発ポイントが予想しにくいものです。

 

またポンド系は値幅が抜けやすいので

ポジションが悪いと一気に損をします。

 

緩やかなトレンドの方がFXでは

値幅が抜けるので狙うポイントですね。

 

もう一度上昇に転じそうな勢いはありますが、

 

根拠がないので様子見ですね▲

 

それでは良い週末をお過ごしください❤

以上、今週の振り返りでした✨

コメント