低額オンラインサロン初月お試し価格500円!!詳しくはタップ

2021年初取引で重要な注目ニュース♪

スポンサーリンク

 

こんにちは、ともです。

 

今日は日曜日ですね✨

 

2021年初取引で重要な

注目ニュースを紹介します❤

 

注目ニュース☆

 

1月5日(火)24時00分:ISM製造業景況指数

 

火曜日の24時にはアメリカで

ISM景況指数の発表があります。

 

2021年に入って初めての

重要指標となるので意識されやすいと考えられますね。

 

製造業を調査した景気の先行指標として注目されます。

 

指数が50%を超えると景気好転、

50%を下回ると景気後退を示しますが、

前回は57%の上昇傾向にありました。

 

2020年4月には40%台であったので

徐々に回復傾向にあるとみていいですね。

 

12月はコロナの感染拡大によって

思うような経済好転はない可能性があります。

 

ポジションを持っている場合は

初動の動きに警戒していきましょう

 

 

1月7日(木)19時00分:EU消費者物価指数

 

7日19時にはEUの消費者物価指数発表があります。

 

ヨーロッパの指標として最も

注目される指標となるので注意していきましょう。

 

前回は-0.3%の低迷が続いている状態です。

 

景気の落ち込みとは裏腹にユーロは買いが

続いている不思議な相場となっていますね。

 

今回発表では予想値が発表されていませんが、

前月のロックダウンが影響したことによる

再下落で間違いないと思います。

 

一時的なユーロ売りがあってもすぐに

反発して上昇する可能性もあるので、

あくまでもテクニカル重視で見ていきますね❤

 

1月8日(金)22時30分:米国雇用統計発表

 

8日は月初めの金曜日という事もあり

米国雇用統計が発表されます。

 

年初めの最も注目される指標となるので、

この日のエントリーは軽めがいいですね。

 

指標前のスプレッドも大きく広がりそうなので

あまり無理に行く日ではないと思います。

 

失業率では横ばい予想となっていますが、

非農業者部門雇用者数変化では

前回の24.5万人→9.3万人の大きな下落予想となっています。

 

ファンダへの影響が強くなりそうですね。

 

機関投資家の参入もこのタイミングで出ると思われます。

 

年明けは早朝に大きく動いた場合、

夕方から夜で静かな値動きになる傾向にあります。

 

そして米国雇用統計のある金曜日までは

平均値の小さい相場になってもおかしくないですね。

 

どれだけトレンドを作るか分かりませんが、

重要指標は多い週になるのでしっかり狙っていきましょう✰

 

それでは明日よりまた頑張っていきましょう❤

 

以上、今週の注目ニュースでした✨

注目情報♪
スポンサーリンク
Twitter、LINEのフォローもお願いします☆ミ
FX Diary@稼げるトレード日記