低額オンラインサロン初月お試し価格500円!!詳しくはタップ

専業トレーダーのメリット&デメリットを主婦が解説します♪

スポンサーリンク

専業トレーダーって?

こんにちは!ともです(´▽`)

 

今日は専業トレーダーを目指している方に向けて、

主婦トレーダーの私が専業について色々お話させていただきます♪

私の周りにも実際に専業でやっている方が何人かいるので、

皆さんの参考に少しでもなれば嬉しいな~と思います☆

 

専業というのは、FXや株など、投資だけで生活している人達のことを言います。

嫌な仕事から解放され、自由な時間がたっぷりある生活・・・

誰もが一度は憧れるところだと思います。

 

しかし専業というのはかなり厳しい世界です、

というのも、安定や安心とは全く無縁の世界だからです (;´・ω・)

 

専業のメリット&デメリットを解説☆

専業のメリットですが、時間的にもストレスの原因となりがちな

社会的な人間関係からも自由というのが一番のメリットだと思います。

専業だと固定収入は得られませんが、ハイリスクなだけそこは

やっぱりハイリターンが得られる職業でもあります。

そして、相場を研究する時間をたくさん取れる分、やはり専業の方のほうが

トレードは上手くなるのが早いと思います。

 

しかし何もかも自由な分、自分で自分のことを律さないといけないので責任が重大です!

上司や会社といった後ろ盾がないので、

失敗しても誰も助けてくれません。

社会的な信用もないため、家を借りたりローンを組んだりすることも難しいです。

 

専業のメリット

①自由な時間が得られる

②職場の対人関係に悩む必要がなくなる

③ハイリターン

 

専業のデメリット

①社会的信用が得られない

②安定・安心が得られない

③ハイリスク

 

 

生活面だけを見ると、やっぱり兼業のほうが確実で、

色々と収入的にも社会的にも有利なのは間違いありません。

専業になって成功すれば自由を得られる可能性があるのも確かです。

ただ私はどちらを選ぶかはその人の自由だと思っているので、

専業と兼業どっちのほうが良いという感じには考えていません。

 

どれくらい資金があれば専業で生活できるの?

あくまで現実的な数字で考えると、5000万円は必要になる計算です。

例えば生活に必要なお金が月20万円だとして、

年間240万円は必要にありますよね。

投資信託の一般的な利回りは年利4%~6%と言われているので、

もし毎年6%の利益で生活しなければならないと考えた場合、

4000万円の資金が必要になります。

 

・計算例

40,000,000円×6%=240万円

 

更にここから税金も支払わないといけません。

こう考えるとかなり専業への道が厳しいことがわかりますね。

 

だけどこれはあくまで一般論です。

投資の世界は可能性が無限で、1万円を一週間で

100万円にできる人もゴロゴロいます(;・∀・)

なので、トレードの腕次第では数百万から専業になれる人もいるでしょう、

有名なBNFさんやCISさんとかがそうですよね♪

 

私はあくまで主婦として内職的に(笑)トレードしていますが、

専業を目指してる方を心から応援しています☆

注目情報♪
スポンサーリンク
Twitter、LINEのフォローもお願いします☆ミ
FX Diary@稼げるトレード日記